米山隆一

【最新】米山隆一現在は?経歴は?

前新潟県知事の米山隆一氏(52)が、作家でタレントの室井佑月(50)さんと近日中に結婚することが分かり、世間で話題となっています。そこで、この記事では、米山隆一氏の現在を経歴と併せてご紹介します!

米山隆一 現在は?

米山隆一氏は現在、有限会社セイジロー(セイジロー肉店)の代表取締役を務めていて、医師・政治家としての視点から、新型コロナウィルスに関する様々な情報をTwitterなどで発信をしています。

また、第一東京弁護士会に所属しており、弁護士法人「おおかた総合法律事務所」の代表弁護士です。

弁護士として、一般民事事件はもちろんのこと、医療関連や事業関連、IT関連など多くの分野を取り扱っており、得意分野は、医療問題、交通事故、遺産相続、IT案件に絡む企業法務とのこと。

そんな米山隆一氏ですが、2020年5月9日に、作家でタレントの室井佑月さんと近日中に結婚することが報道され、その直後に米山氏自身のTwitterでも入籍の予定を認めています。

新型コロナウィルスのことがあり、結婚の報告を控えていたという米山氏ですが、現在、Twitterのフォロワー数は5万人を超えるインフルエンサーですし、なんといっても結婚相手が著名人ということもあって、いずれにしても注目される結果に!

米山隆一 経歴は?

現在、結婚で話題となっている米山隆一氏の経歴を紹介しますね。

米山隆一氏は、1967年に新潟県(現在の魚沼市)で生まれました。

父親は自衛官で、元の氏名は愛甲隆一でしたが、中学生の頃に父親が母親の実家(養豚農家)に婿養子に入ったため、一家で米山姓に変わりました。

小学校は地元の湯之谷村立井口小学校、中学校は新潟大学教育学部附属長岡中学校、高校は兵庫県の名門・灘高校へ進学。

高校では文系を選択していましたが、東京大学教養学部理科三類(医学部)に現役合格

東京大学医学部医学科を卒業し、1992年5月に医師免許を取得。

大学在学中は東大病院の放射線科で研修をしていて、卒業後は、放射線医学総合研究所に3年間就職。

そして東京大学大学院経済学研究科に入学し、1997年に司法試験に合格

後に弁護士登録(2011年に第一東京弁護士会登録)をしますが、1998年に東京大学大学院経済学研究科を単位取得退学し、博士を目指して東京大学大学院医学系研究科に入学。

2000年に東京大学大学院医学系研究科を単位取得退学後、ハーバード大学附属のマサチューセッツ総合病院に研究員として渡米し、2003年に東京大学より博士号(医学)を取得

2005年より、東京大学先端科学技術研究センター医療政策人材養成講座特任講師に就任し、医師として約14年間勤務。

ただし、平凡な医師では我慢できなかった米山氏は、2005年の衆院選に自民党公認で新潟5区から出馬するも、「新潟の女王・田中真紀子氏」に惨敗し、比例復活も果たせず落選

米山氏の人生で初めての挫折を経験するも諦めず、その後、国政選挙での勝利を目指し、自民党、日本維新の会、民進党と次々に渡り歩きますが、結果は4連敗

2016年9月に新潟県知事選に無所属で出馬し、選挙の終盤まで激戦となりましたが、10月に初当選し、米山氏49歳にして新潟県知事に就任しました。

その後、2018年に新潟県知事を辞職することになり、約1年半の在職期間は歴代新潟県知事で最短を記録。

その後、公の場に登場することはほぼなくなり、2020年5月9日に、米山氏52歳にして、室井佑月さんとの結婚が報道されました。

米山隆一ってどんな人?

米山氏は、幼い頃から家業の養豚農家を手伝い、小学校は地元の小学校に通いました。

外で遊ぶより読書が好きな少年でしたが、小学生の頃は、春と秋は陸上部、夏は水泳部、冬はノルディックスキー部に所属するスポーツ少年でもありました。

小学生時代に周囲から「秀才」と言われ、高校は名門・灘高校へ進学し、大学は日本で最難関・東大医学部に優秀な成績で現役合格を果たすほど、頭の良さはズバ抜けています。

ただ、小学校の同級生の話によると、米山氏はテストで満点が取れないと悔し泣きするほどの負けず嫌い。

また、医師国家試験だけではなく司法試験にも合格しており、医師・政治家として活躍していることからは、高い目標に向けて精進する努力家ともいえます。

さらには、国政選挙に4連敗、新潟県知事選で初当選という経歴からは、チャレンジ精神が旺盛で粘り強い性格ということもうかがえます。

米山氏の母親によると、米山氏は真面目で理屈っぽい子どもだったとのことです。

医師と弁護士の資格は、政治家になるため、落選してもいいように取得したとも母親は語っていることから、用心深い一面もあるようです。

そして、米山氏は現在、著名人とのアラフィフ婚を果たしていることから、真面目で勉強一筋というお堅い人物ではなく、女性との交際も積極的な人物であることもいえますね。

米山隆一 現在まとめ

この記事では、米山隆一氏の現在を経歴と併せてご紹介しました。

超エリートで優秀な人生を歩んできた現在52歳の米山隆一氏。

米山隆一氏は現在、地元で実家が経営する有限会社セイジロー(セイジロー肉店)という精肉店で代表取締役を務めています。

米山氏は医師の資格を持っていますが、現在は医師の仕事はしておりません。

弁護士としては、第一東京弁護士会に所属しており、弁護士法人「おおかた総合法律事務所」の代表弁護士で、医療関連やIT案件に絡む企業法務が得意とのこと。

さらに、医師・政治家としての視点から、新型コロナウィルスに関する様々な情報をTwitterで発信をしていて、フォロワー数が5万人を超えるインフルエンサーです。

そんな米山氏ですが、新型コロナの影響で暗いニュースが多いなかで、アラフィフ婚という明るいニュースを提供してくれました。

結婚相手の室井佑月さんは昨年8月に乳がんの手術を受けており、再発の不安を抱えながらの生活を送っているとのことですが、米山氏は医師の免許を持っていますので、室井さんの大きな支えとなるでしょう!

米山隆一関連記事

米山隆一 天才と呼ばれる理由!何かと話題の多い米山隆一さんですが、新潟県知事の経歴をはじめ、多くの肩書を持っていることでも有名です。そんな事実もあって、米山さんが天才...
【最新】米山隆一室井佑月の馴れ初めは?前新潟県知事の米山隆一さんと室井佑月の結婚が発表されましたね。気になるのは米山隆一さんと室井佑月さんの馴れ初めですが、どんな馴れ初めなの...