ドラマ

【Twitter炎上中】東京ラブストーリー復活キャストにあり得ない?!

1991年にフジテレビの「月9」枠で放送され、いまも語り継がれるほど大ヒットドラマとなった「東京ラブストーリー」ですが配信されることが決定。ところが、「東京ラブストーリー」の令和の復活を「やめてくれ!」、「織田裕二さんと鈴木保奈美さんキャスト以外ありえない」とTwitter上で物議をかもしています。そこでこの記事では、今春配信される2020年版復活「東京ラブストーリー」に関するSNSで聞かれる声や、キャスト、なぜリメイクは「ありえない」と言われてしまうのか?など気になることについて調べてみました。

只今無料キャンペーン中

無料見放題はこちら

東京ラブストーリー復活キャストに大炎上!

織田裕二さんと鈴木保奈美さんの共演で1991年にフジテレビ「月9」枠で放送された「東京ラブストーリー」は、平均視聴率22.9%、最終回の視聴率は32.3%を記録した、トレンディドラマの草分け的作品です。

特に、鈴木保奈美さんが演じた自由奔放で自分の恋心にまっすぐな女性・赤名リカは、今も語り継がれるほど大人気を博しました。

そんな大人気作品の「東京ラブストーリー」が、この度復活と発表されると、Twitterがちょっとした炎上騒ぎになりました。

そこで、どんな声が上がっているのか、Twitterを調べてみました。

やはり、多くの人がリメイクについて「やめてくれ」、「あの二人だからよかったのに」との声を上げていました。

さすが、90年代を代表する恋愛ドラマ、前作のイメージが強すぎるようです。

東京ラブストーリー復活キャストはこちら!

今春、配信される、リメイク制作の「東京ラブストーリー」は、現代にその舞台を変え、キャストも一新してリメイクされます。

ここでは、新たに配信される2020年版「東京ラブストーリー」のキャストをご紹介します。

永尾完治(演:伊藤健太郎)

本ドラマの主人公。
1991年版では、スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の社員だった完治が転勤で愛媛から上京してきます。
優柔不断な性格で、高校時代の同級生の関口さとみに想いをよせながら、告白できずにいました。
上京してから さとみと、同じく高校の同級生だった三上健一と再会しますが、さとみと三上が交際するようになり、失恋してしまいます。
赤名リカとは、「ハートスポーツ」社員のリカが、空港に永尾を迎えにきて出会い、リカからは「カンチ」と呼ばれるようになります。

伊藤健太郎
1997年生まれ、東京都出身。
最初モデルとして活動を始め、2014年にドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜フジテレビ)」で旧芸名である健太郎で俳優デビューします。
その後数々の作品に出演、2018年に自身の代表作となる「今日から俺は!!(日本テレビ)」で役名が伊藤だったことから、芸名を本名の伊藤 健太郎(いとう けんたろう)に改名しました。
他の出演作品には、「アシガール(2017年:NHK総合)」、朝の連続テレビ小説「スカーレット(2020年:NHK)」などがあります。

赤名リカ(演:石橋静河)

本ドラマのヒロイン。
1991年版では、スポーツ用品メーカー「ハートスポーツ」の事業部所属の社員で、転勤で上京してきた永尾を迎えにいき、永尾と出会います。
帰国子女で、明朗でさっぱりとした性格。
永尾のことを「カンチ」と呼びます。

石橋静河
1994年生まれ、東京都出身。
父親は、俳優の石橋凌、母親は女優の原田美枝子。
4歳からクラシックバレエを始め、15歳でボストンにバレエ留学し、2013年に帰国。
帰国後はコンテンポラリーダンサーとして活動していましたが、2015年より女優活動も開始しました。
2017年公開の映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」では、ブルーリボン賞新人賞を始め多くの新人賞を受賞し話題になりました。
主な出演作品に、福岡発地域ドラマ「You May Dream(2018年、NHK総合)」、朝の連続テレビ小説 「半分、青い。(2018年:NHK)」などがあります。

関口さとみ(演:石井杏奈)


https://twitter.com/sodasuimomo/status/1220653848974376961/photo/

永尾完治の高校時代の同級生で、完治の想い人。
さとみ自身は、三上に惹かれています。
心優しい性格ですが、依存心が強く、周囲を翻弄することがあります。
1991年版では、元麻布幼稚園の教諭をしていました。

石井杏奈
1998年生まれ、東京都出身。
2010年から雑誌「ニコ☆プチ」のモデルを始め、翌年LDH主催の「VOCAL BATTLE AUDITION 3」のダンスパフォーマンス部門に合格し、ダンサーとして活動し始めます。
2012年に「私立バカレア高校」で女優デビュー、ダンスボーカルグループ「E-girls」としても活動を始めます。
主な出演作品に、「GTO(2012年:関西テレビ)」、「チア☆ダン(2018年:TBS)」などがあります。

三上健一(演:清原翔)

引用 小学館フジテレビジョン

永尾完治、関口さとみと同じ高校の同級生。
女たらしで、軽薄な印象の人物。
1991年版では、医学生で、スポーツカーを乗り回す、軟派な人物像でした。

清原翔
1993年生まれ、神奈川県出身。
「MEN’S NON-NO」モデルとして活動する一方で、俳優業をするために大学4年生の頃に現事務所・スターダストプロモーションに所属します。
主な出演作品に、「PRINCE OF LEGEND(2018年:日本テレビ)、「チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(2019年:読売テレビ・日本テレビ系)」、「アライブ がん専門医のカルテ(2020年:フジテレビ)」などがあります。

東京ラブストーリー復活に違和感はこれ!

織田裕二さんと鈴木保奈美さんが出演した、1991年版では、その当時の若者の生活スタイルをベースに描かれていましたよね。

その放送から29年が経った令和の時代に、「東京ラブストーリー」がきちんと描くことができるのか?!との声がTwitterなどにも見られます。

そこで、「東京ラブストーリー」の復活について、気になる点を調べてみました。

すれ違いどうやって?

1991年の放送当時は、スマートフォンはもちろん、携帯電話やポケットベルですら、一般的な普及はしてなくて、連絡手段はもっぱら固定電話か公衆電話。

そのため約束はいつも電話、突然の予定変更ではなかなか連絡が取れないなど、“すれ違い”がよく発生していました。

そして、この“すれ違い”がドラマを盛り上げる要素にもなっていました。

ところが、今回リメイク制作される「東京ラブストーリー」は、その舞台を令和の現代に変えています。

ということは、スマートフォンはもちろん、LineなどSNSで簡単に連絡が取りあえて、ネットでなんでも調べられる環境の中、“カンチ”とリカはすれ違わないといけないのです。

“すれ違い”の代表的なシーン、“カンチ”を雨が降る中待ち続けたリカがずぶ濡れになってしまう名シーンは、どんな理由でリカは“カンチ”を待ち続けることになのか?

1991年版では、急な予定変更をメモで残すも、そのメモが他の書類に紛れてリカに伝わらないというものでした。

でも、現代ではLINEなどがあって、そもそもメモで連絡なんて取らないですよね。

スマホをどこかに置き忘れて、連絡がつかなくなる?

それとも、運悪く電源が切れてしまう?

「東京ラブストーリー」の醍醐味でもある“すれ違い”、どのように“すれ違い”が演出されるのか、“すれ違い”の理由をどこに求めるのか、前作ファンは心配しています。

鈴木保奈美と織田裕二しかいない!

「東京ラブストーリー」のリメイクで、キャストについて心配する声も多く聞かれます。

それは、伊藤健太郎さんや石橋静河さんらが“カンチ”とリカを演じることを心配している声ではなく、“カンチ”とリカは織田裕二さんと鈴木保奈美さん以外ありえないから、というものです。

放送当時の時代の、織田裕二さんと鈴木保奈美さんらが演じたから、「東京ラブストーリー」は最高の作品になったという声が圧倒的に聞かれます。

伊藤健太郎さんが、永尾完治のキャストに抜擢されたことを

「当時、社会現象になった作品でもあるので、プレッシャーがなかったというと嘘になります」

とコメントしていることからわかるように、新キャストの皆さんも相当のプレッシャーを感じているようですね。

名セリフは鈴木保奈美演じる赤名リカだから!

鈴木保奈美さん演じた赤名リカは、その自由奔放で、はっきりものを言う性分から、自分の気持ちを、リカ独特の表現で口にしていました。

リカの言葉は、当時の視聴者の心に響き、「名セリフ」とまで言われ、今も語り継がれているほどです。

想いを寄せる“カンチ”に言った「ねぇ、セックスしよ」は、あまりにも有名ですよね。

その、リカの名セリフは、鈴木保奈美さんが演じた赤名リカだったから名セリフになった!とも言われています。

鈴木保奈美さんの、コロコロとしたかわいらしい声が、より一層セリフに深みを与えていました。

前作ファンにとっては、もはや「赤名リカ=鈴木保奈美さん」という図式なわけです。

それだけに、鈴木保奈美さん以外の赤名リカが、同じセリフを言ったとしても、果たして同じように聞こえるのか?と心配する声が聞こえます。

別れたらもう会えないどう再現?

ネタバレになってしまいますが、リカが“カンチ”の元を去りロサンゼルスに行くことを決めたときに、引き止めたなら、電車の時間に駅にきてほしいとリカは“カンチ”に伝えます。

結局は、駅に向かった”カンチ“を待っていたのは、1本前の電車に乗ってしまったリカが置いていったハンカチにかかれたメッセージで、その後3年はリカと”カンチ“は会わずに過ごすことになります。

29年前は、この設定でも違和感なく見ることができましたが、交通網が発達し、利器も驚くほど発展した現代に、この“別れ”は果たしてリアリティをもって描かれるのでしょうか。

SNSで検索して相手がヒットすれば、その人に会わずとも、どんな生活をしているか垣間見ることができる、今の時代。

別れた恋人(しかも同じ会社勤めのはず)と、再会することなく、何をしているのか知ることなく過ごすのは、なかなか難しそうです。

現代の「便利」をどのようにマイナスしていくか、が、今回のリメイクで注目されるポイントになるかもしれません。

ちなみに、“カンチ”とリカの名シーンに、二人で会っていた別れ際に、お互いなかなか振り返って歩き出せずにいるシーンがありました。

「せーの!で一緒に後ろを向こう」というリカの提案に、カンチは素直に後ろを向くのですが、リカはカンチを見続け、カンチに「ずっちーな!」と言われる、ニヤニヤしてしまうシーン。

こんな微笑ましい?けど、傍から見たらちょっと「バカップル」なやり取りも、そのまま再現されるのか?!それとも、うまく現代風にアレンジされてしまうのか、気になります。

東京ラブストーリー復活キャストまとめ

この記事では、今春配信される2020年版「東京ラブストーリー」に関するSNSで聞かれる声や、キャストなど、気になることを調べてみました。

前作の織田裕二さんと鈴木保奈美さんのイメージが強すぎて、今回のリメイクを「やめて」、「織田裕二さんと鈴木保奈美さん以外ありえない」などという声が確かにありました。

また、リメイクは、現代に舞台を変えて制作されるため、本作の肝ともいえる“すれ違い”をどう表現していくのかも気になるところでした。

色々な意見はありますが、名作「東京ラブストーリー」がどのように生まれ変わるのかは、やはり興味深いですよね。

東京ラブストーリー関連記事

【最新】東京ラブストーリー再放送2020長野他関東北海道&見逃し無料視聴方法!1991年にフジテレビの「月9」枠で放送され、当時、「月曜の夜に街から人が消える」と言われるほどの社会現象を巻き起こした恋愛ドラマ「東京...