生活

【Twitter炎上】食料品品薄で混乱?買い占めやめての声殺到!

安部首相の3月からの休校宣言が市民の不安を煽ったのか?各地でトイレットペーパーやティッシュの次には食料品が品薄になり買い占めが始まっています。さらに混乱を招いていますfが、なぜこのような買い占めに走ってしまうのか?まとめました。

食料品品薄!買い占めやめての声殺到

各地で食料品が品薄になり、買い占めが起こっています。いったいなぜこんなことになっているのか?

食料品品薄!買い占めの理由!

さてここで食料品が品薄になり、買い占めになってしまった理由を考えてみます。

安部の休校宣言

阿部さんが3月から全国の小学校中学校高校と休校宣言をしました。ここで考えるのでしばらく自宅に子供がいることになり、備蓄が必要だと多くの親は考え食料品を買い占めるといった行動になったかと思います。

新コロナの不安

新コロナで実際に日本でも死者が出て、毎日のように新コロナの情報、死者情報など聞いていると誰でも不安になります。まして治療薬がない。そしてマスク、トイレットペーパー、ティッシュなどなくなり、今度は備蓄の食料品も?なくなる?と不安にかられた人が多かったということもありますね。

物がなくなることの不安

震災時カップ麺や食料品が棚から消えたりしましたが、まさに今そういった現象ですよね。物がなくなると不安になり、「今しか買えないかもしれない。」そういった心理が働いてしまうのではないでしょうか。ちょっとズレますが、セールの時、あと1個だけ棚にあったとしたら、すぐに買うかと思います。それはもちろん安いからかもしれないですが、その1個しかないとすれば、もうこれで終わりだと思う心理が働きますよね。スーパーでもカップ麺などすぐになくなってしまうのはまさに今このような心理だと思います。冷静になればそんなこともないでしょうに。

群集心理による判断力の低下

これは恐ろしい現象ですが、みんながしていると自分で判断せずともその行動になってしまうことです。衝動的で興奮状態になってしまうので冷静な判断ができなくなってしまいます。食料品を大量に買っている人を見て、自分もやる。カップ麺を買い占めてる人をみて自分もしてしまう。衝動的になってしまいます。でもよく考えてみると、今回は震災ではないですよね。なにか災害で避難するわけではない。北海道で外出を控えるよう警告が出ましたが、別に災害ではないし、食料品をだからと言って買い占めなくなっていいわけで。ですが多くの人がやっていると自分もやってしまうという恐ろしさがあります。

恐ろしい集団心理

実は一番怖いのはこの集団心理だと思います。この新コロナの影響でマスク、トイレットペーパーなど街から消え、今度は食料品までも品薄になるという現象になっていますが、しかし考えてみると、この事態に追い込んでいるのは紛れもない市民一人一人ですよね。政府がマスクを買ってくださいとも言ってないし、食料品を備蓄とも言ってない。ただ気を付けましょうと警告しているだけなのに、その報道により、市民が勝手に不安になり、買い占め現象が起きています。今後はもしかすると何かのまた政府の警告で何かが品薄になり買い占めになる可能性がありますね。不安を感じた市民が何か行動し、さらにそれを見てまた行動、集団連鎖なるものを感じます。

食料品品薄!買い占めまとめ

食料品が品薄になり、一人一人が不安になり、買い占めも各地で起こっているというある意味異常事態ですが、まずは買い占めなどをする前に、冷静になって本当に必要なのか考えることが大事かと思います。これでマスク同様、街のスーパーから食料品がなくなれば今度は食料品(特に備蓄できるカップ麺、災害セットなど)が高値で転売なんてアホな事態にもなりかねません。またこういう異常事態で判断力が低下している際にはオレオレ詐欺のような詐欺も広まる可能性があります(というか広まっているかもしれません)僕も含め一度冷静にならなければと思います。