ドラマ

【全話無料】知らなくていいコト動画1話見逃し無料視聴方法!

大石静さん脚本ドラマ知らなくていいコト動画1話を見逃してしまった方に1話から見逃し配信しているサービスを紹介します。

無料見放題はこちら

知らなくていいコト動画1話見逃し配信

吉高由里子さん主演ドラマ「知らなくていいコト」動画を見逃ししている動画サービスはどこなのか調べました。

動画サービス 見逃し配信
hulu 〇(見放題)
U-NEXT ×
dtv ×
paravi ×
FOD ×
Amazonプライムビデオ ×
Tver 期間限定

日テレドラマ「知らなくていいコト」は日テレ系動画サービスHuluで無料で見放題できます!

無料見放題はこちら

知らなくていいコト動画1話見逃しYouTubeなど

YouTube

Pandora

dailymotion

知らなくていいコト動画1話ネタバレ

真壁ケイト(吉高由里子)は週刊誌の特集班の記者として日々充実した毎日を送っていた。

そんなケイトは母で映画翻訳家の杏南(秋吉久美子)と二人暮らし。彼女は未婚のままケイトを育てた。

今日もケイトが出勤すると早速会議が繰り広げられた。そんな中母が倒れてしまう。くも膜下出血で緊急搬送された杏南、「父はキアヌリーブス」と言い残し死んでしまったのだ。

葬式の準備をするケイト、葬儀には恋人で連載班の後輩野中春樹も駆けつけた。

彼が帰った後、ケイトは母の部屋に行く。そこにはキアヌリーブスと一緒に撮った写真があったのだった。その写真はケイトが産まれる前の写真だった。

そしてケイトは編集長の岩谷に70歳の母がネット上の架空の人物チャールズに恋をして大金を貢いだと嘆く息子に会いに行くと話し、さらにその高齢女性多賀笑子に取材にいくと告げる。

そしてケイトは彼女が営む茶道教室に入る。そこでは彼女のスマホがひっきりなしになり、チャールズからの連絡だと確信し、取材を試みるが難航。

そんな中、ケイトの元カレ尾高が線香をあげに来た。ケイトと杏南が2ショットの写真だった。

さらにケイトは彼に自分の父はキアヌリーブスかもしれないと話、彼はすてきな話じゃないかという。

そして尾高はある記憶がよみがえる。その記憶は尾高が刑務所から出てくる男にカメラを向けるもの、そして杏南が泣いているものだった。

翌日、ケイトは再び笑子の茶道教室にいく。そして彼女のスマホにはチャールズから今すぐ100万振り込んでくれという内容のメールが。

彼女はすぐに振り込もうとするが、ケイトはこれは振り込め詐欺だと話す。しかし信じない彼女、そしてケイトが週間イーストの社員だと分かると出ていけと怒鳴るのだった。

その夜、ケイトは杏南の遺品からエデンの東の登場人物から自分の名前を取ったことを知る。そして指輪を見つけた。

この指輪を調べるケイト、その指輪の発注をしたものを調べると、その人物は乃十阿徹という人物でケイトの父は無差別殺人事件の犯人だと判明

杏南に送ったということはこの乃十阿徹は無差別殺人の犯人なのか。

その夜、ケイトは恋人晴樹に自分はキアヌリーブスの子供じゃないかもしれないという。しかし春樹はプロポーズ。しかしキアヌリーブスの子供じゃなくて、殺人犯の子供かもというケイト。

その頃、尾高は3年前に撮った刑務所から出てきた男の写真を見ていた。

春樹とケイトは杏南と乃十阿徹についてまとめる。

杏南の書いた卒論はエデンの東。そしてその頃、乃十阿徹は大学の教授に。

1985年杏南は彼から指輪をもらう。その2年後、杏南は女の子を産む。ケイト。

1990年キャンプ場で無差別殺人が発生、乃十阿が犯人として逮捕された。

その後、ケイトは笑子のところに行き先生の気持ちが分かったという。ケイトは愛してるという言葉はどん底から救ってくれると話す。

さらに彼女のラブストーリーを週間イーストで記事にしてくれないかと頼んだ。

数日後、ケイトは尾高になにか自分に隠しているのでは?という。しかし他の従業員が入ってきたため話は中断。

その夜。ケイトの家にやってきた春樹、結婚はできないと話した。

→知らなくていいコト動画2話ネタバレ無料視聴

無料見放題はこちら

知らなくていいコト動画1話キャスト

公式サイト引用

知らなくていいコト動画1話視聴者感想

30代女性
30代女性
遂に誰が父親かはっきりしたんですね。キアヌ・リーブスとは!しかし、これだけの大物の隠し子が日本にいたということでも喜劇のドラマに仕立てるのかと思いきや、CMなどから察するにそうとも限らない、真面目なドラマのようですね。喜劇としか想像していなかったので、物語がどんな展開を見せてくれるのか非常に気になります。また、上司役で佐々木蔵之介が出てくるのがたまりません。柄本祐も良い味を出してくれそうで楽しみです。
20代女性
20代女性
吉高由里子さんはタラレバでよく居そうな普通の働く女性の痛いところを突くようなところから、夢のような恋愛までとてもうまく演じていましたが、今回は自分のことでも身内絡みのとんでもないネタ!キアヌ・リーブスがお父さんだなんてクスッと笑ってしまいましたが、自分で自分を取材し、そこから広がっていくであろう物語が気になります。
1話目から出演するキャストの方々も大物女優さんが出ていたり、これまでのイメージと違う顔を見れそうで今から楽しみです!
30代女性
30代女性
吉高由里子さん主演ということで楽しみにしていました。今回のドラマの主人公は週刊紙の記者ということで、なかなか走り回る吉高さんが見られて面白かったです。
母親役に秋吉久美子さんということで、彼女なら「父親はキアヌ・リーブス」くらいいいそうだなぁと思いました。今回の一話の時点で父親に対する謎が深まりましたが、ラストの方で気になることが出てきました。次回もとても気になる内容になっていました。
次回も是非視聴したいと思います。
40代女性
40代女性
すっごい面白いドラマでした!
最初は真鍋ケイトの父は「キアヌ・リーヴス」かと思っていたのに、まさかの殺人犯「乃十阿徹」かもしれないと。
元カレの尾高が何か知ってそうな雰囲気でしたね。乃十阿も釈放されているみたいだし。
ケイトが振り込め詐欺に合いそうな笑子を救いスクープも取れたのに、せっかくプロポーズされた春樹に断られたのには「春樹の気持ちも分かるけど」・・でした。
ケイトの父親が別の人ならいいですね。
あとプチ情報ですが、ホームページを見たら「キャスト・相関図」の一部が変わってました(乃十阿が殺人犯とか)
30代男性
30代男性
いきなりキアヌリーブスという単語が出てきたのに驚き、本当に出てくるのかドキドキして見ていました。
まさか吉高由里子さん演じる主人公の父親がキアヌだったら面白いと思いましたが、現実は殺人者というショッキングな事実にまた驚きました。
この謎の殺人者が物語りのキーポイントとなっているようで、次第に謎が明かされていくでしょう。
舞台が週刊誌の会社だけにスクープが飛びかっていて、緊張感があって見応えのあるドラマだと思います。
40代男性
40代男性
ストーリー的には青天の霹靂という感じで、少し重苦しい感じもありましたが、怒涛の展開で楽しめました。
やはり、吉高由里子さんの演技は面白いと思いました。
そして、可愛いです。
カニの詐欺の社長の真似といい、茶室でのお約束的な正座コントといい、ああいうコミカルな演技が本当に最高だと思いました。
しかし、主人公は父親が殺人犯で、しかも結婚が破談になりという感じで可哀想だと思いました。
30代女性
30代女性
ケイトの婚約者の中野さん、ケイトが落ち込んでいるときに「結婚しよう。」って言って、「そばにいるよ。」って甘い言葉かけて、いざケイトの父親がキアヌ・リーブスではなく、犯罪者だと打ち明けられたら、会社休んで彼女の家に押しかけて「やっぱり結婚できない。」って正気ですか?って思っちゃいました…。幸せそうな彼女を見ていたからこそ、中野さんの対応があり得ないと思いました。
20代女性
20代女性
母親が死ぬ間際に父親の話をするなんてどんな心境なのでしょうか…。これが最後かもしれないと思って、言い残した言葉がキアヌ・リーブスとは…。ちょっと笑ってしまったけど、自分の父親がキアヌ・リーブスかもしれないって知った時のケイトちゃん嬉しそうでした。でも、まさかそこから自分が地獄に転落するなんて、思っても見なかったと思います。私がもしも、ケイトちゃんの立場だったら、本当の父親のこと母親の方からきちんと聞きたいなと思ってしまいました。
30代男性
30代男性
野中がとても優しくていい人でよかったです。ケイトが殺人犯の子供ですごくショックを受けていたのがとても可哀想でした。野中がいきなり結婚しようと言ったのがとてもビックリしました。ケイトがキアヌの子供じゃないと言っていたのがとても面白くてよかったです。野中にケイトが殺人犯の子供と言ったのがとてもビックリしました。ケイトのことを野中が守ると言ったのがとてもかっこよくてよかったです。
30代女性
30代女性
吉高由里子さんの大ファンのため軽い気持ちで見ましたが、かなり内容が深いドラマだと感じました。やはり人の人生に土足で踏み入る週刊誌の仕事は、メンタルが強くないとやっていけないと思いました。吉高由里子さんの明るさもあって、ドラマはテンポが良く面白かったです。ラストシーンではまさかの婚約破棄に驚きましたが、吉高由里子さんが、これから前向きに立ち直る姿に期待したいと思います。
50代女性
50代女性
壮大なラブロマンスから、一気に暗い事件のドラマに変わってしまいました。
観終わった後に、何ともどんよりとした気分が残ってしまいました。
ケイトは実の父親にいつか会いに行くとは思いますが、それまでにいろいろな真相が分かってくるような気がします。単なる刑事事件のドラマなのか、さらに何か奥に隠れているドラマなのかが気になるところです。次回以降はもっと刑事事件的な展開になっていくのかもしれません。
30代男性
30代男性
週刊雑誌の記者であるケイトに、倒れたシングルマザーの杏南から最後に聞かされた父親の名前がハリウッドスターのキアヌ・リーブスだったというコメディー感しかない展開は笑いばかりが生まれるものだと予想していただけに、ケイトの父親は殺人事件を犯した乃十阿徹という深刻な流れになるとは予想外で、恋人の春樹が構わず結婚したいと伝える所に感動させられ、ケイトも幸せになると決意したのに、手のひらを返すように春樹が遺伝子を持ち出して結婚を取り止め、ケイトの自宅の鍵を投げ捨てるように去った姿に怒りしか感じませんでした。
20代女性
20代女性
お仕事ドラマかと思ったら、恋愛要素もあり、自分の父親が犯罪者だと知り、自分の過去を知っていくケイトの複雑な気持ちが伝わってきました。犯罪者の子どもとしての立場もリアルに表現していて見ているこっちまで悲しくなりました。大事な母親を亡くし、婚約した彼氏も去っていき、過去を知っていくケイトとケイトを取り巻く人たちや、元カレでなにか秘密を知っている尾高との今後の関わりも楽しみです。
50代男性
50代男性
ドラマが始まり、時間が経つ毎にドンドンハマってしまいました。面白くて、とても魅力的でした。真壁ケイトの母(秋吉久美子)の死ぬ直前の「あなたのお父さんは、キアヌリーブス•••。」と言った一言から始まったとも言えるこのストーリー、ラストシーンが全く予想がつきませんでした。乃十阿徹とは、どういった人物なのだろう?何かドキドキ、ハラハラします。あと何とか立ち直りかけてたケイト、春樹(重岡大毅)の「遺伝子とか、子供の事を考えたら•••、ごめんなさい。」は可哀想過ぎです。
40代男性
40代男性
スピード感があるストーリーが印象的な第一話でした。吉高由里子演じる主人公真壁ケイトの母親が急死をして父親がキアヌ・リーブスかもという流れも面白かったです。本当ならキアヌ・リーブスがドラマで見れるんじゃないかとか考えている自分がいました。ただ数十分後には父親がキアヌ・リーブスから殺人犯だった可能性を示唆する展開は凄まじかったです。とてもスピーディーだし面白いドラマだなと感じました。
20代女性
20代女性
笑子が振り込め詐欺に引っかかり誰もが止めようとするが、ケイトは自分で稼いだお金の使い道は自由だと言ったことと、詐欺だ知らずにいる人なら救わなければいけないけれど、知っていながら振り込み待たされるのであればそれは問題ないと言ったセリフが印象的でした。人間はいつになっても恋をする気持ちを持っていたり、寂しいと思ったり生きている意味がひとつでも見つかれば、生きる気力になることを知り相手にふさわしい言葉選びをしたケイトは素敵だと思いました。殺人犯とされている乃十阿徹は一体何者なのか気になりました。

知らなくていいコト動画1話見逃し視聴者期待

20代女性
20代女性
知らなくていいコトとの題名で、吉高由里子さん演じる主人公の事がスクープだったということが分かる初回からインパクトがかなり強いドラマになっていますが、それをどう受け止めて、そこからどのようにして真実をかき集めていくのか。そのスクープによって周りとの変化はあるのか?スクープを知ってしまった人はどうするのか。などの変わりゆくであろう模様を1話ずつ見ていくのが非常に楽しみに思います。
30代男性
30代男性
吉高由里子さんのバリバリ仕事をこなすキャリアウーマンの役や、これまでのドラマでも面白くて好きな女優さんなので、役どころにも期待しています。週刊誌の記者役ということで、週刊誌の裏側やスクープなど、体力も必要だしメンタルも強くないとできない仕事だと思うので、どんな性格の女性なのか見てみたいです。パワフルに仕事をこなす姿で、元気や活力をもらえるようなドラマになることを期待しています。
30代女性
30代女性
父親がハリウッドスターだと言われたら私だったら冗談で済ましてしまいそうですが、主人公は冗談とはとらえず真実かどうか調べていく間に、どんな風に話が広がっていくのか想像がつきませんが、楽しみにしています。週刊紙の記者という職業にあまり良いイメージがないので、そこもドラマをみて自分がどう感じるか気になっています。今まで吉岡さんが主役のドラマはすべて好きだったので今回も期待しています。
40代女性
40代女性
明日から始まる知らなくていいコトかなり期待しています。吉高由里子さんが、様々なスクープを追い、仕事に対して一生懸命な姿が好感が持てます。また、出生の秘密をどうらって調べていくのか気になります。また、年下彼氏と元カレとの間とのやりとりかなり気になります。年下の彼氏からプロポーズされるのかもかやり気になります。そして、個性の強い俳優さんたちが多いドラマで週刊誌がどのように作られているかを知るのはかなりお得なドラマではないかなと思っています。
40代男性
40代男性
昨今スクープで話題の週刊誌ですが、女性記者はあまり目立たないような気がします。女性記者の活躍がどのようなものかはドラマとはいえ興味が湧くと思います。スクープを追いかける姿勢はどういったものになるのか楽しみです。そしてこのドラマの本筋である主人公・ケイトの父親の秘密がかなり話題となりそうです。まさか実在のハリウッドスターを持ってくるとは思っていませんでした。出演があるのかどうかもかなりの注目となるでしょう。仕事にプライベートに大変なドラマとなる気がします。
20代女性
20代女性
記者として色々調べていく中でどんな風に思い謎を解いていくのかそして、どんな終わりを迎えるのか予告を観ていてとても早く見たいと思いました。また、吉高由里子さんが久々にドラマの主演を、飾るのでどんな演技でどんな感動を感じさせることができるのか見どころだと思います。また、音響や展開もしっかりと視聴者に伝わりやすいような内容になっているのかもみながら視聴したいと思っています。
50代女性
50代女性
恋も仕事も順調の週刊誌の敏腕記者が、突然父親が有名なハリウッドスターだと言われたら、信じられないでしょう。しかし、若き日の母親とそのハリウッドスターの写真を見つけたら、信じるしかないでしょう。そんな真壁ケイトを吉高由里子さんが演じますが、自分の出生の秘密を知ってどのように行動を起こして行くのかが、楽しみなところです。尊敬する母親が亡くなって、成長していくケイトに期待しています。
40代男性
40代男性
天真爛漫な体当たりの演技が魅力の吉高由里子さんが主演というのが、まずは期待できる大きなポイントだと思います。
社会の闇を暴くというシリアスな記者という役柄ですが、父親がハリウッドスターという突拍子もない展開もあり、面白そうだと思います。
最近はどちらかというと控えめな感じの役が多かったので、この作品では弾けた演技を見せて欲しいと思います。
役作りのために髪も切って気合充分だと思うので楽しみです。
30代女性
30代女性
このドラマでは吉高由里子さんが記者という役で、自らがスクープを持っているという役を演じるのですが、そのスクープがまさかの父親がハリウッドスターというネタなのにはビックリしました!自分のスクープを隠し通すのか、それともネタにしていくのかどっちなんだろうなと思いました。まだ明らかにされていないのですが、ハリウッド俳優である父親役を誰が演じるのかかなり気になります!
20代男性
20代男性
今回の吉高由里子さんはスクープ記者役ということで、いつもの彼女のユーモアのある演技が楽しめると思います。ただ、「スクープは自分自身だった」というように、視聴者を引き込むようなミステリーの要素も含まれていると思います。
彼女はポップな演技だけでなく、奇々怪々とした複雑な魅力を持った女優さんだと思います。そんな、見てるものを惑わすよう演技が見れるのかと思うと、とても待ち遠しい作品です。
30代男性
30代男性
世の中にはいろんな設定のドラマがありますが、吉高由里子さん演じる主人公の父親が有名なハリウッド俳優、それもキアヌ・リーブスかもしれない。そんな突飛すぎて笑える設定のドラマは中々ないと思います。おそらく回が進んでいくなかで、本当の父親が誰なのかもわかるんでしょうが、ぜひともキアヌ・リーブスか、彼くらい有名なハリウッド俳優だったという方に転んで欲しいです。一体誰が主人公の父親なのか、そしてそれを知るまでの主人公の奮闘ぶりが楽しみです。
50代女性
50代女性
ジャンルとしてはお仕事ドラマのようですが、具体的にはどのような風に展開していくのかが気になりました。主人公のケイトは自分のスキャンダルに巻き込まれて行くようですが、そこと彼女の仕事への情熱がどう結びついていくのかが最も気になるところです。ケイトのお父さんはハリウッドスターだったようですが、彼女は隠し子だとしたら、かなりのスクープものです。彼女は自分の運命にどう立ち向かっていくのかもかなり見どころがあると思いました。

知らなくていいコト動画1話見逃し視聴者反響

知らなくていいコト動画1話無料まとめ

吉高由里子さん主演ドラマ「知らなくていいコト」はHuluで見放題になっています。

初回のみお試し期間があるのでその期間に視聴して解約すればお金はかかりません。

無料見放題はこちら

【全話無料】シャーロック動画1話pandora?9tsu?dailymotion?ドラマシャーロックは毎回変わる豪華キャストも見どころですが随所に原作シャーロックのオマージュのようなシーンがありファンを飽きさせませんね...