映画

【Twitter話題沸騰】カイジ利根川名言が突き刺さる!痛い!

映画カイジですが、なんといっても利根川のセリフが名言だと話題です。まさに突き刺さるようなことを言われ心が痛い!やめてくださいと殺到してます。確かに痛いセリフですが、ある意味真実かも。

無料見放題はこちら

カイジ利根川名言?突き刺さると話題!

カイジ利根川名言セリフ!

映画カイジの利根川のセリフがまさに名言ですね。

確かにその通りですね。資本主義社会ではお金を稼がなければ家もなし、最悪漫画喫茶に寝泊まりの生活です。会社に必要とされなければ、リストラされれば、捨てられます。そしてプー太郎になれば引きこもりになってしまう。身寄りがなければそれこそ野垂れ死ぬしかない。まさに自分もあり得るかもと思ってしまう、痛い言葉ですが、生き続けるということはまさに勝ち続けることかもしれません。

確かに世間はお母さんではないですよね。何かあればすぐに助けてくれるのが母親。しかし社会はそうはいかない。何もできなければそのまま相手にもされず。厳しい世界が世の中。利根川のセリフは突き刺さる名言が多いです。

つまり何も言う権利などないということですね。先ほどの勝つことがすべてに通じますが、この世の中勝ち組がすべて世の中を決める仕組みになっています。主人公のようにお金もないやつには発言権もなく、自由もないということでしょうか。しかしまさにその通りですね。僕も含め、常に会社のために労働し、くたびれて寝るだけの毎日。主張する権利もない。利根川のセリフはある意味深い・・・そしてここまではっきりいう人もいないが、突き刺さる言葉です。